虹の生まれた日

あ・・・。虹が生まれてる・・・。


いつものようにみていたクリスタルのはずなのに、なんだかいつもと表情が違う。

そう感じたのは、この子をここへお迎えしてから半年ちかく過ぎたころだったかしら。


店頭でみつけた小さなかわいらしいハーキマー水晶。

この子をお迎えしたのは、丁度わたしの誕生日の日。

もう既に一つ、ここに一際大きなハーキマーをお迎えしていて

そのうえその子は姿形も、内包する煌めきも、全てがスペシャルで、

きっとここへは、この子以外に別のハーキマーをお迎えすることなんてないだろうな。

・・・ってそんな風に思っていた。


その日お迎えしたハーキマーは、もう既にお迎えしていた子よりも

一際小さくて、真ん中へゆく程に白くなっていたのだけど。


5か月ほどたった頃から、手にするたびに透明度が増してきているうような、

そんな気がして、毎日ように話しかけていたの。

そんなある日、ふと見ると、そこに小さな虹が生まれていることに気づいた。


日ごと日ごとに大きくなってゆく虹。

不思議なことは、そのことに気づきはじめてからというもの、

今ではいろんなところへ虹が生まれていて、以前よりもずっと輝いているということ。


実をいうと、この子をお迎えした日は、既にお迎えしていたハーキマーを送り出すことを決意した日でもあり、その時に想ったことは、この一際小さな子が、やがて光を放ち始める日がくるだろうと。そしてその日をいつかみてみたいということ。


それは私自身の決意でもあり、誓いでもあったかな。


そしてそれは、今、始まったばかり。




みなさんも、大好きなクリスタルたちを手にしながら、その表情や雰囲気を毎日感じみてくださいね。

昨日までとの違いや輝きに出会えたり、ほんとはもうずっと前からそこにあった素敵な輝きに気づくかもしれません。


そして、それを見つけた新しい自分にもきっと出会えることでしょう。



0コメント

  • 1000 / 1000